スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【名作】七人の侍で誰が好き?

1 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/06(火) 12:52:15 ID:+xUWhh0Z
登場人物みんな個性があるが、誰が好き?
与平(左ト全)がいいな「米ぬすまれたぁ~」

2 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/06(火) 12:55:09 ID:Vwm881hD
久蔵に決まってんじゃん
次点で与平

3 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/06(火) 12:56:39 ID:+xUWhh0Z
久蔵が1番人気あるみたい

4 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/06(火) 12:58:10 ID:+xUWhh0Z
「疲れたか・・可哀想に。だいぶ、痩せたな、おやじ」

samurai3_6.jpg




6 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/06(火) 13:13:58 ID:nR/8sJ8n
やっぱり久蔵かな。
昔、何かで読んだんだけど…七人の侍が公開された国々の人達に、七人の中で誰が好きかを聞いたら、国によって一番人気のキャラクターが綺麗に分かれたんだって。

日本→久蔵
アメリカ→菊千代
イギリス→勘兵衛
ドイツ→五郎兵衛

…これしか覚えてないし、うろ覚えで間違えてるかも知れないけど、国民性と好きなキャラクターが一致してて、非常に面白いみたいな事が書いてあったよ。

8 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/06(火) 14:39:43 ID:7DRaHA6D
伊・三船
米・志村
英仏独・宮口 の傾向 と聞いたけどね。


P・バラカンはロンドンで観た七侍宮口に
「トリコ仕掛けの明け暮れ」となってしまった

逝っている。



13 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/06(火) 21:27:23 ID:pQn2vnfz
木村功演じる勝四郎
samurai3_3.jpg


14 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/06(火) 22:00:31 ID:ptCxC1/E
菊千代キャラ的に大好きなんだけど
彼氏とか旦那さんになると、なにかと苦労しそう
旦那さんにするなら、
「苦しい時に重宝する」と言われた、「薪割り流を少々…」の旗を作った人かなぁ…(名前忘れましたゴメンなさい…。)

15 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/06(火) 23:44:07 ID:tgG3Fint
旦那さんなら七郎次
samurai3_4.jpg
16 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/07(水) 06:51:08 ID:+quuI0e5
旦那さんにするなら勝四郎



31 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/08(木) 22:38:43 ID:QemaM5Ml
仲代達矢と東野英治郎

32 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/09(金) 19:58:43 ID:pvlzjTy7
>>31侍と盗賊だったかな?
一瞬しか出ないけど凄い存在感



私の父は万造が良いあじ出してて大好きだと絶賛してました。

村がパニくる事など後先考えず娘の髪の毛を切ってしまう万造…
そんな万造が好きだと言う父の心が解らない…

34 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/11(日) 20:32:28 ID:kx25tLoz
>32
小心な人間のあさましさがよく描けている、ということだろう。

35 名前:32:2007/02/12(月) 17:11:05 ID:hN2CcFKY
>>34
なるほど!父の考えそうな事です!
今日あたり父とゆっくり話がしたくなりました


ありがとうです



37 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/14(水) 13:15:05 ID:9Bw9/rq0
茂助もいいよな~
「何だ、あんなボロ小屋。みんな持ち場さ帰るんだ!」には泣いたよ。

38 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 12:20:29 ID:uHnPxldT
>>37
オレも禿同!! あの一言で村は一つで戦えた。ここが農民が盗賊と手を組んだ荒野の七人
とは違うとこだ。まぁあっちのシナリオはわざとそうしたんだと思うが。
侍では五郎兵衛だな。仕事の内容よりも勘兵衛の人柄に惹かれて仲間になるのがよい。


39 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 12:59:29 ID:BTkkLunQ
>>38
はっきり口に出しているのが五郎兵衛だけ、と言うだけで
他のほとんどの侍も「勘兵衛の人柄に惹かれて」だと思うけどなあ。

40 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/15(木) 17:56:17 ID:jgRiYFa6
勘兵衛の古女房にもかかわらず、No.2の役を五郎兵衛に譲った七郎次も大したものだと思う。

41 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/16(金) 19:25:30 ID:+V6OvjGn
>>39
>>38だが、言われてみればその通りだな。唯一そのことを口にした人として訂正します。
あともう一人侍以外だか多々良純さんもいい。白米片手に勘兵衛に詰め寄るシーンには
感動した。侍が仕事を引き受ける決め手になったよな。

42 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/18(日) 12:12:56 ID:5mBSZPyw
多々良純の人足だって、あいつがあそこにいなけりゃ、勘兵衛が「このメシ、おろそかには食わぬぞ」
といったかどうかわからんぞ。利吉の涙だけじゃ、勝四郎を連れ、木賃宿を出ていったかもしれん。
最初観たとき、悪態のつき方がヤケにしつこいな~と思ったが、あれはそれだけ心情的には百姓の
味方なんだ、ということをクロサワは表現してみせたのかもしれん、たぶん。「黙れ!下郎!」という
勝四郎と視線を合わせようとせず、よそを向いてぎゃーぎゃーわめくところに、身分差の悲哀を感じる。
……ちょっと、小汚いキャラだが。



44 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/19(月) 03:15:26 ID:cioA6bNy
利吉の女房
この人が出てきた短い間だけが唯一、色香を感じられた
名もないのにインパクトは絶大



46 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/19(月) 20:27:13 ID:5Ow8OW3M
菊千代の知りは超既出。インターナショナルに既出。

47 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/19(月) 22:20:27 ID:muQ1g3C2
>>46
すみませんでした;
それじゃあ木の元で花をサワサワいじってる
久蔵が好きだぁ!

48 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/02/20(火) 00:30:17 ID:kmzpqcwD
>>47
あれいいね。
最初見てるときは全く動かないで待ってるように見えたけど
お花サワサワしてる。



60 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/03/03(土) 22:59:19 ID:gmsK0ix4
七郎次がいいですね。
強靭な肉体と精神を持った実に頼れる男。



61 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/03/04(日) 05:53:42 ID:7mXMqIMt
野武士砦炎上シークエンス。
炎上激し杉で一応「死んだ」設定だったのに
余りの放射熱に耐え切れずジワジワ炎から遠ざかる野武士死体役。
逆に妙なリアリティが出てるw

62 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/03/04(日) 09:18:30 ID:GY3Yipq0
土屋なんて、撮影後、直接火炎を浴びたわけじゃないのに顔が火脹れしたっていうからな。
たしか喉の内部を火傷したんじゃなかったっけ。
笑い事じゃねえよなあ。



75 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/03/10(土) 20:15:24 ID:sxTnv5X+
やっぱ勘兵衛
samurai3_2.jpg


77 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/03/11(日) 11:26:37 ID:CFG4wRnW
じさまに50点



78 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/03/11(日) 13:05:32 ID:MHTC8/r9
五郎兵衛。
要の位置に居ると思うが。
この人こそ、達人。
samurai3_5.jpg


90 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/03/31(土) 12:29:39 ID:V0k3hIYs
久蔵がいいね。
でも、最期の時に銃声がする前に倒れたような。気のせいかな。
宮口は「生きる」のヤクザも良かった。ひと睨み。

94 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/04/02(月) 17:51:54 ID:31TM4aDk
>>90
あなたは! 素晴らしいねらーだ! 私はそれを言いたかった・・・

97 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/04/04(水) 12:05:27 ID:GTsdqpnz
>>94
勝四郎がそれを言ったときの、宮口の表情が好き!



132 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/05/15(火) 21:09:25 ID:FSxHJlNP
やはり久蔵で。
強そうじゃないのに凄腕っていうのが。


※いや強そうだろw


141 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/06/16(土) 21:10:04 ID:11Y6/JNe
稚児の加藤大介。ぜったいにできているよね、あの二人は。

142 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/06/17(日) 14:35:14 ID:OKfi2Hij
加藤じゃなく加東大介ですよおまいら

143 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/06/29(金) 20:47:05 ID:PLafnoIt
そうか
古女房て、片腕というだけではなく、そっちでもあったか
まあ、戦国時代だもんな

144 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/06/30(土) 09:02:41 ID:MjzY7tj1
>>143
そう言えば七郎次どの、「明日はいざ決戦という時には、こういう事が城内のあちこちで・・・」てな事言っているね。

145 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/07/09(月) 23:38:14 ID:ko6dhoux
城内ってことは♂♂



153 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/08/13(月) 21:18:34 ID:VCGAqURz
昨日、改めて観たけど、やっぱり久蔵がカッコいいな。

あと、米を盗まれて利吉(土屋嘉男)に責められる与平(左卜全)の表情が、本当に哀れで可哀想に見えて、思わず金を出してやった勝四郎の気持ちが分かる。
観てて「そんなに責めるなよ。可哀想だよ。」って思えてくるよ。

154 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/08/13(月) 23:49:43 ID:W14PNlQy
>>153
ト全が本当に味のある仕事をしてる。



169 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/09/23(日) 21:22:57 ID:+BPcVVBU
久々に見直したんだけど凄いね、この映画は
全員いいけどやっぱり三船菊千代だろうな
こんだけブチまけるパワーと華を持ち合わせた役者は二度と出てこないだろうな
samurai3_1.jpg


171 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/11/06(火) 07:50:50 ID:6/Xpqb/S
勝四郎
当時三十路の木村功が十代の少年を演じてたなんて信じられない…

172 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/11/06(火) 15:52:14 ID:IbciFwzR
>>171
この頃すでに女房子供持ちだったそうな。確か、三船さんと年齢そんなに違わないでしょ。
余談だけど、「天国と地獄」の時なんざぁ、仲代達矢さん(「来るな!」)や加藤武さん(「慰安旅行じゃないんだぜ。」)より年下にすら見えるし。



183 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/11/16(金) 23:27:23 ID:GW54axvI
 久蔵格好いいなあ。全映画史上最高クラスで格好イイわ。
勝四郎に「おまえは恥ずかしくないのか」とかいった野暮な余計なお世話な事は言わないのな。
それでいてやる事はきっちりやって自慢しない。正に日本男児の美学。
 この映画初めて見たが、兎に角退屈な所が全く無かった。ルーカスとか大学で見せられたそうだが、
こりや影響受けるよな。しばらく寝られないくらい衝撃受けたと思う。



188 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/11/18(日) 21:44:16 ID:OEoDVJan
五郎兵衛、七郎次、平八

この三人の区別が付きません><
見分けやすい方法は有りませんか?
samurai3_5.jpg samurai3_4.jpg samurai3_7.jpg

189 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/11/18(日) 22:31:57 ID:4o+CJ2tz
>>188
10回くらい繰り返し観る



201 名前::この子の名無しのお祝いに:2007/11/23(金) 20:30:38 ID:rrlZaUMb
九右衛門のバアサマ
今でも印象に 残る

202 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/11/24(土) 04:06:14 ID:hK0To9aX
確かロケ現場セットの近くの老人ホームのお婆ちゃんなんだっけ?

203 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/11/24(土) 11:13:12 ID:Q3qh2HAM
>>202
そうだね
役者じゃリアルさがないから、
本物のお婆さん使ったんだよね

204 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/11/24(土) 12:09:26 ID:GezdaWkH
東京大空襲で家族を失った方だったとか……> 九右衛門の婆様

205 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/11/24(土) 13:06:15 ID:Q3qh2HAM
>>204
そういうリアリティの追求が、黒澤の黒澤たるゆえんだな
物見を殺す所なんか素人でもいい演技してたよな

206 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/11/24(土) 22:04:51 ID:MHLsojCw
リアルなのは映画と関係のない身の上話してるから
「空襲で家族を殺されて」とかいってるらしい。

千石規子がアフレコで台詞入れてる。



211 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/11/29(木) 23:10:40 ID:TCHgoa9q
志村=熟練
三船=道化
稲葉=温和
千秋=飄々
宮口=求道
加東=忠実
木村=書生 ・・かな?

213 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/12/01(土) 19:56:15 ID:wrI1ecyS
志村=総司令官
三船=侍と村人の潤滑油
稲葉=作戦参謀
千秋=ムードメーカー
宮口=エース
加東=小隊長
木村=見習い

214 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/12/02(日) 20:49:43 ID:jfMnVIhZ
志村=試合をつくる名捕手 野村
三船=記憶に残るサード 長嶋
稲葉=試合を知り尽くす鉄人 衣笠
千秋=明るい助っ人、レフト ホージー
宮口=まさに世界の剣客ファースト 王
加東=俊足ランナー しかし知名度の低い 福本
木村=イケメン、ダイエー時代に急成長を果たした 川崎

216 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/12/08(土) 12:39:37 ID:Rll/MGLU
志村=アメリカ人好み
三船=イタリア人好み
宮口=フランス人好み ・・・黒澤本人の談。



218 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/12/08(土) 18:39:44 ID:SFg+VG2u
見たときから一貫して宮口派だったが、いい年になってからは断然、志村がかっこく見え出した。
そして最近はようやく左や小杉らの百姓たちや多々良などの駕篭かきなんだかが面白くなってきた。

219 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/12/08(土) 19:37:29 ID:rUut5k2W
首刎ねられようとしてる時に髭の心配してどうするだ!!

220 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/12/16(日) 00:19:21 ID:aefS1/wM
>>219
営業会社の管理職の俺は、世間体ばから気にしてる部下に会議でこのセリフを言った事がある。
半分以上は理解しなかったがな

221 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/12/16(日) 10:38:57 ID:gy6+yqU6
>>219
農民は命あっての物だねだが、武士は首を刎ねられた後の
体裁を気にするよなあ。
斬首(あるいは自刃)の前に無精ヒゲ剃ったり(組!の近藤)、
汚物垂れ流さないようにケツの穴に栓したり(乃木大将)、
食ったものが逆流しないように絶食したり、下着を新しいのに
変えたり・・・・・

スレチスマソ



222 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/12/22(土) 00:26:32 ID:pHPuUJaa
みんな七人の侍を見る前にもいろんな映画を見てると思うけど、侍達を演じた俳優を初めて見た映画って覚えてる?

志村喬…フランケンシュタイン対地底怪獣
三船敏郎…用心棒
稲葉義男…七人の侍
加東大介…クレージー作戦 先手必勝
宮口精二…生きる
千秋実…ゴジラの逆襲
木村功…生きる

自分の場合こんな感じ。皆さんはどですか?

223 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/12/22(土) 10:34:04 ID:L6HnXlNi
自分はこんなカンジ

志村喬…影武者
三船敏郎…用心棒
稲葉義男…七人の侍
加東大介…用心棒
宮口精二…七人の侍
千秋実…羅生門
木村功…七人の侍


226 名前:この子の名無しのお祝いに:2007/12/24(月) 00:44:33 ID:szM6lYtN
志村喬・・・三大怪獣 地球最大の決戦
三船敏郎・・・太平洋の翼
稲葉義男・・・七人の侍だが、既に「ザ・ガードマン」で馴染み
加東大介・・・社長シリーズ、あまりに幼かったから、どれだか判らない
宮口精二・・・ズバリ七人の侍が初見
千秋実・・・七人の侍だが、既にTBS系ホームドラマで馴染みあり

小生も「七人の侍」はTV初放映(1968くらい?)が初見なのでこんな感じになります。



232 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/02/05(火) 10:03:22 ID:K6A/Ze7l
|∀゚)「先生!」

ダダダダダダ

(゚∀゚)「先生!」

バタバタバタバタバタ

ヽ(゚∀゚)ノ「先生!」


勝四郎は無邪気だのう

233 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/02/06(水) 17:22:11 ID:KdWKJxBs
>>232
たねがしまぁ!

234 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/02/06(水) 22:18:23 ID:3qaHAQlc
>>232
あれで30の子持ち(2人)なんてほんと詐欺だよねぇ
初々しすぎる

235 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/02/10(日) 21:43:03 ID:HIwcOiOR
木村功の奥さんと話す機会があったので黒沢映画でのエピソード聞いた事がある
ファンの人には有名な話なんかもしれないけど

木村功、はじめは利吉役だったそうだ
勝四郎役にはリアルで同年代の男の子を探してたんだけど
どうしても黒沢のメガネにかなう子が見つからなくて
撮影開始近くになって黒沢に「やってくれないか?」って頼まれたんだって

それまで百姓としての役作りして準備してたからあわてて
勝四郎にふさわしい歩き方、声の出し方、目つき、姿勢などを必死で
研究して撮影に臨んだところ、監督にとても喜んでもらえたので嬉しかったそうだ


236 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/02/11(月) 17:20:21 ID:IUY6QTJ+
>どうしても黒沢のメガネにかなう子が見つからなくて

正確にはいたんだけど。
そいつが高校の教師に相談したら
受験勉強の邪魔になるからやめておけ
といわれたんで断った。
で黒澤は
「そんな学校やめてしまえ」



238 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/02/22(金) 19:17:07 ID:qTexwoyQ
初見時は宮口精二
2~5回ぐらいまでは志村喬
それ以降は加東大介&稲葉義男
が 好き


239 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/02/27(水) 03:49:27 ID:8tbxYM4i
志村喬かっこよかったな~

240 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/03/08(土) 09:56:49 ID:4zkUbzPd
>>239
EXILEのアキラがソックリ。

241 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/03/16(日) 23:09:54 ID:bQHXZwZh
言われてみれば似てる。
どーりでアキラのカオ好きなわけだ



265 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/07/03(木) 22:28:00 ID:xDs2ma0+
どこかで読んだけど、
勘兵衛は日本人好み(強くて賢くて優しくて厳しい理想のリーダー)
菊千代はアメリカ人好み(全身で表現するエンターテイナー、道化)
久蔵はフランス人好み(渋くてニヒルで格好いい)
って聞いた。

私は誰が一番好きか、なんて、とうてい決められません。
侍の七人はもとより、百姓も人足も魅力的すぎて。
この作品を彩る全ての登場人物が大好きです。
野武士ですら、TVの時代劇に出てくる悪役みたいな憎たらしさがなく、
どことなくだけど、気の毒な感じさえ漂ってるし。



274 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/07/17(木) 01:11:49 ID:RfnytseQ
おれは五郎兵衛が好きだな。彼が「七人の侍」に参加するまでに、
どのような人生を歩んだのかを(勝手に)想像していると、なぜかとても感傷的な気分になる。
菊千代なんかもそうだけどね。



282 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/09/11(木) 17:56:50 ID:/y1fytBw
宮口精二が晩年シェークスピア劇の端役で出演した折に
本場イギリスから招聘された演出家が
あの老人の佇まいは出演者の中で一番エレガントだがいったい何者?
とスタッフに質問して彼はセブンサムライの久蔵だと聞かされ
静かに頭を下げて一礼して真摯に演出して最後にサイン貰って帰った
と云うエピーソドが好きです

283 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/09/12(金) 21:40:24 ID:H3jn7z4P
「アマデウス」ね。
ちなみにお辞儀したのは
最初に紹介された時だよ。



285 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/09/25(木) 01:14:25 ID:w57AD1mv
七郎次だな
「今度こそ死ぬかもしれんぞ」って言われてニヤリ
周りとの会話が少なく軽く空気状態
野武士の本拠に行こうする素振りなし
一人だけ刀より敵との距離がある槍
殺し方も家の壁越しなど安全な場所からばかり
で、生き残る
かっこよすぎる

286 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/09/25(木) 01:21:12 ID:v1TIddBW
>>285
だけどそいつがやっぱり生き残る・・・・殺人プロの凄み

287 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/09/25(木) 01:22:28 ID:v1TIddBW
生き残る人は無理をしない ファインプレーをしない

292 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/09/28(日) 19:43:00 ID:Qnz81muK
>>285-287
言われてみるとそうだな。
一つ一つのシーンを見ても七郎次の生存能力は飛び抜けてる。
これってマジでそういうのを意図して演出したのかな。

登場人物全員に細かい設定があったのは聞いたことあるけど。
例えば与平にはブサイクな嫁と子供が二人いて、別居状態とか。

293 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/09/28(日) 22:29:42 ID:PLbJMT0Y
生き残る人は無理をしない ファインプレーをしない 感情的にならない 
正義感に燃えない 安全確実に潰していくだけ

294 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/09/28(日) 23:29:48 ID:egbNWaYd
今度こそ死ぬかも(ryのシーンは死を覚悟した笑いだと思っていたけど
俺死なーしwwwm9(^Д^)プギャーに 見えてきた

306 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/12/20(土) 22:57:25 ID:N60St50k
七郎次って、当初は物売りに化けていたから丸腰だったけど、
リーチのある長槍を武器に選んだんだよな。
勘兵衛の意図を汲んでのこととはいえ、村で最初にやったことは馬防柵を作ること。
野武士の物見3人を最初に発見したのも七郎次。
菊千代や平八が馬で遊んで、勝四郎と志乃が裏山で戯れていた間も、常に警戒していたんだな。
しかも取り乱すことなく、冷静にリーダーの勘兵衛に報告。
久蔵が撃たれても、菊千代や勝四郎と違って無謀に突っ込んでいかなかった。
そりゃ最後まで生き残るわ。本当にサバイバル能力のある奴だ。

人生、というか世の中も戦場みたいなもの。
七郎次のような危機管理能力は見習うべきかも。特に今の時世では。

307 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/12/23(火) 14:33:59 ID:Ogs1q+oh
>七郎次って、当初は物売りに化けていたから丸腰だったけど、

丸腰に非ず。担いでいた天秤が「仕込み槍」であったのは、言うまでもない。

314 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/12/28(日) 18:44:35 ID:bK4iAfsc
>七郎次のような危機管理能力は見習うべきかも。特に今の時世では。

自分の判断で
勘兵衛の命令も無視する。
単なるイエスマンでもない。

317 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/12/29(月) 17:18:14 ID:6wWcumfl
>>307
そうだったのか。ますますもってすげえ奴。
てっきり万造が落ち武者狩りでゲットしてたアレだとばかり。

>>314
そんなシーンあったっけ。

318 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/12/29(月) 18:38:44 ID:GhWkXtCa
>>そんなシーンあったっけ。

決戦前夜。
勘兵衛→全員交代で見張りにつけ。

七郎次→見張りは俺が一人でやるから、みんなは寝ろ。



319 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/12/29(月) 20:24:39 ID:6wWcumfl
>>318
ああ、思い出した。サンクス。

あのシーンは万造たちに気を利かせた、と解釈してたけど、
少し深読みすると、百姓たちに見張りを任せる事への不安ともとれるな。
実際、菊千代は与平に任せてあわや侵入されそうになってたし。

つくづく生存能力の高い奴。
どこで何やってもうまく生きていけそうだな。
あのまま物売りやっててもよかったんでは。
あのまま村に留まって百姓も務まるな。

今「七人の侍」を見ると、以前とは全然違う見方ができそう。

320 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/12/30(火) 02:33:06 ID:Z+8qI2u9
百姓たちの疲労を感じ取って
今夜は熟睡させた方がいいと判断した。

勘兵衛はそこまで気づいてない
(というより考えていない)

麦刈りの場面でも柵を作る場面でも
七郎次だけが他の侍と違い百姓と一緒に仕事して
汗流してる。(菊千代は別にして)

>百姓たちに見張りを任せる事への不安ともとれるな。

その前の夜までは、交代してたんじゃない?
さすがに体がもたないだろう。

321 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/12/30(火) 19:45:11 ID:CBaISgiQ
下士官と叩き上げ軍曹の違い、って感じかな。



288 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/09/25(木) 08:02:26 ID:YwZVKd2p
平八
百姓に「向こうを(野武士)怖いだろうが、向こうもこっちを怖い」など怖いのは決して恥じゃない、むしろ恐怖心は心の中にあった方がいいと教育する。利吉を救おうと危ない所に飛び出して撃ち死にした勇敢さ。まあ口達者役が妙にハマる千秋実が好きなんだけどね。



299 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/11/07(金) 16:41:54 ID:o0oDu7HW
昔、黒沢スレに書いてあったことだが

七人の侍のリバイバル上映に行ったら前の席に女子高生2人で見に来ているのがいて
久蔵が死んだシーンで2人は「キャー」と同時に叫んで、「なんで、なんで・・」と
しょぼくれていたとのこと。

久蔵は女子高生にも人気があるらしい。

300 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/11/07(金) 19:20:29 ID:whgbKvN8
あと少しで勝てるってとこでバーンだしなぁ・・・菊千代も実に
あっけない最期だった。

301 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/11/07(金) 19:28:32 ID:/u2vd5XF
薪割りのおっさんなんか
まだ何もしてないうちに死んじゃったじゃんか

302 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/11/09(日) 23:25:10 ID:JT8JOqX3
五郎兵衛はやられるシーンすらなく死体で運ばれてくる



322 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/12/31(水) 02:55:03 ID:MqDb2ddz
こんなスレがあったとはw
俺は久蔵に一票。死んだ時は勝四郎と一緒に号泣したなw

323 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/12/31(水) 10:01:02 ID:qHCTXjnj
勝四郎という信奉者がいなかったら久蔵にこれほどの人気が出ただろうか?


324 名前:この子の名無しのお祝いに:2008/12/31(水) 13:36:09 ID:3HQ04fCS
>>323
勝四郎に関係なく一番かっこいいだろうて

325 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/01/01(木) 20:30:36 ID:/8H2NzTO
そして中の人はただのオッサンというのもポイントが高い

326 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/01/02(金) 18:35:35 ID:myIf+1yh
>>325
他の映画じゃダメなおっさんの役ばかりだもんな。宮口精二。
例外としては「生きる」のヤクザ。
ほんと、久蔵の役は彼の白眉だわ。

当初は森雅之が演じる予定だったそうだから、いい役もらえて幸運だったね。
撮影は命がけの連続だったそうだけど。

339 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/01/13(火) 23:04:40 ID:jlCPK3Ct
>>326
>>撮影は命がけの連続だったそうだけど。
茂助(小杉義男)の竹槍の突きを避けるシーンでは
何百回もリテイクしたらしいな。リアルじゃ完全に強さは逆だから。
突く方も突かれる方も怖くてしょうがなかったとか。

あと、矢が飛んでくるのを間一髪で避けるシーン、
あの矢を射たのは勝四郎役の木村功。彼は学生の時に弓道の選手だったから。
これも、どちらもすごく怖かったらしい。

黒澤も、宮口がいつ倒れるか懸念していた。
彼は毎日カツ丼食ってこの過酷な撮影を乗り切った。
まさに一世一代の演技。

そんな役者根性を具現化した結晶とも言うべき久蔵が大好きです。
この役のおかげで、彼は海外でも一目置かれる存在だし。



342 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/01/14(水) 17:11:39 ID:LAXquc5q
久蔵はフランス人に受けたそうな。
アメリカ人はもちろん菊千代。

344 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/01/14(水) 20:00:55 ID:hcOXhxaA
>>342
日本人は勘兵衛が好きな人が多いらしいね。
最も理想的なリーダーってことで。

俺が一番好きなのは七郎次。最も理想的な補佐役。
地味で目立たないけど、なくてはならない存在、ってのがいい。まさに俺の理想。

久蔵も好きだけど、もっとストイックでも良かったと思う。
時々、みんなと一緒に笑ってるシーンとかあるけど、
そういう場面でも一切表情を崩さずに孤高を貫くような姿勢でいてほしかった。
無口で無表情で、それでいて優しい、という。
勝四郎に「あなたは素晴しい人です」と言われた時だけ、ちょっと表情を崩すような感じで。

346 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/01/15(木) 09:17:36 ID:2D0dTN03
>>344
>一切表情を崩さずに孤高を貫くような姿勢でいてほしかった。
寡黙だけどニヒルではない。
あそこで一緒に笑ってるようなさりげない人間臭さがあるから
七人の侍はいいんだと思う。

もし作られたのが現代だったら笑わない演出を徹底しそうな気がするし
ニヒルな方が今の人には受けそうな気がするけど、
そういう風潮だからこそ、自分はあの久蔵にグッとくるな。
あの時代独特の、心の優しいヒーロー像というか。

逆に農民のあの腹黒さ、卑屈さ、ラストのあっけらかんとした喜びようは
あの時代だからこそあそこまで描けたんだとも思う。

347 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/01/15(木) 16:21:32 ID:I4wEzuKl
>アメリカ人はもちろん菊千代。


俺の記憶と微妙に違うな。
勘兵衛・アメリカ
菊千代・イタリア(ラテン諸国)
久蔵・フランス
で受けがいい、と黒澤は逝っていた気がするが・・・

P・バラカンはロンドンで久蔵見たくて何度も映画館通ったそうだがな。

348 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/01/15(木) 17:24:31 ID:IlXDDOGy
>逆に農民のあの腹黒さ、卑屈さ、ラストのあっけらかんとした喜びようは
あの時代だからこそあそこまで描けたんだとも思う。

とお前は3時間半の間、一体なに見てたんだ?
と菊千代みたいに、いいたくなる。

あのラストの何処があっけらかんとしてるんだ?

卑屈さというと、最初の方に出てきた博打に負けた
侍のほうがよほど卑屈だろ?



374 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/02/13(金) 19:45:03 ID:kleXTsV1
好きとはいえぬが、最近七郎次が気になりだした。
稲葉さんの役。

376 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/02/14(土) 21:50:24 ID:h61nVw9z
>>374
七郎次=加東大介
五郎兵衛=稲葉義男

ちなみに俺は初めて七人の侍を見たとき、
この二人と平八(千秋実)を含めた3人の区別がつかなかった。
みんなぽっちゃり系の顔だし。今思うと失笑モノだが。

「用心棒」を見て加東のファンになったけど。
地味にいい演技してるからさ。名脇役とはまさに彼のこと。

377 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/02/15(日) 12:02:38 ID:guduzL4C
衣装で区別つくだろ。
七郎次はひげはやしてないし。

378 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/02/15(日) 17:39:29 ID:wgurRAzC
>>377
それ本スレでも同じこと言われたんだけどさ、
非常に画質の悪いVHS(ユーチューブ以下)で見たから、
ヒゲすらはっきり見えなくて誰が誰だかさっぱり。
当然ながら字幕も無かったから会話もあまり聞き取れなかった。
だから退屈になって途中で寝てしまったのよ。

その後DVDで見て、どっぷりハマったけどね。

379 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/02/15(日) 21:41:04 ID:bO7kD4bT
>>378
区別がつかないのは回数を見ていないから。
20回は見ろよ。話はそれからだ。

382 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/02/17(火) 02:53:32 ID:GcMhvJs2
>>379
もう50回は見た。セリフも全部覚えた。
ていうか、DVDで字幕つければ2回目でよく理解できた。
でも見れば見るほど新しい発見があるのよね。

でもまだ全員の役者の名前は分からない。

397 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/05/27(水) 00:32:13 ID:w+h13LLN
ダントツで菊千代が好きだが、
平八の存在も欠かせないと思う。

一番ムカつくのは勝四郎だな。
そんだけ演技が上手いってことだろうが。



402 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/07/24(金) 21:29:47 ID:NEqXG4bg
勘兵衛人気ねえんか?
断トツで勘兵衛の頭に手をやる仕草が好きだ

403 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/07/31(金) 21:50:11 ID:S8Nh8HuR
自分も勘兵衛好き。
こんな人が上司だったらいいのに。



395 名前:この子の名無しのお祝いに:2009/05/23(土) 12:08:07 ID:MXq4i5BM
左ト全。

映画の前半をずっと支えているのはこの人だ

[ 2010/01/25 20:00 ] 映画(雑談) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://drmt.blog96.fc2.com/tb.php/110-8c45651c








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。